はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

100円2貫

漁師漬け?炙り?はま寿司の100円2貫「とろいわし」を食べ比べ

更新日:

はま寿司の100円2貫「とろいわし」を食べ比べします。

平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

左手前が、「とろいわし」です。

右手前が、「とろいわし 漁師漬け」です。

が、「炙りとろいわし」です。

注意

現在、「とろいわし 漁師漬け」は、持ち帰り不可です。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

とろいわし

それでは、いただきます。

美味い!

めちゃくちゃ身が締まっています。

プリプリですね。

生姜との相性もばっちりです。

ちゃんと酢で締められていて、臭みはほとんどないです。

しかし、小骨が若干あります。

喉に刺さるような感じではなく、チクチクするだけですが。

あと、皮が若干ヌルっとします。

人によっては、気になるかもしれません。

個人的には、結構美味しかったですが、一般的には、好みが分かれるネタだと思います。

美味しさ:★★★☆☆

スシメシ

酢が効いているので、ご飯と一緒に食べても、臭みをほとんど感じません。

かと言って、めちゃくちゃ酸っぱいわけでもないです。

普通にご飯を食べる事ができます。

ご飯が進む:★★☆

とろいわし 漁師漬け

それでは、いただきます。

美味い!

甘じょっぱいたれに、よく漬けられています。

さすが、“漁師漬け”です。

基本は、醤油だと思われます。

もはや、「イワシの煮つけ」ですね。

かなり染み込んでいます。

もちろん、火は通っていないので、身はプリプリです。

臭みは、一切ないです。

小骨感は、若干ありますが。

皮のヌルっと感は、ほとんど気になりません。

見えにくいですが、ゴマもかかっていて、結構美味しいです。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みは一切ないです。

たれがよく染み込んでいるので、ご飯が進みます。

初めて食べましたが、結構気に入りました。

ご飯が進む:★★★

炙りとろいわし

それでは、いただきます。

美味い!

「とろいわし」の上位互換です。

皮のヌルっとした感じがないです。

小骨感も、こちらの方が気にならないです。

旨みも、こちらの方が上だと思います。

臭みも、ほとんどないです。

「炙っただけでこれだけ変わるんだ」という事を、実感できました。

皆さんも、良かったら「とろいわし」と食べ比べしてみてください。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みはほとんどないです。

「とろいわし 漁師漬け」程ではないですが、普通にご飯が進みます。

今度からは、「とろいわし」を頼むのであれば、このネタを注文すると思います。

ご飯が進む:★★☆

総評

とろいわし:★★★☆☆

とろいわし 漁師漬け:★★★★☆

炙りとろいわし:★★★★☆

「炙りとろいわし」は、「とろいわし」の上位互換でした。

「とろいわし」は、人によって、好みが非常に分かれるネタだと思います。

しかし、「炙りとろいわし」は、多くの人が気に入ると思います。

まあ、お子さんや光り物が苦手な人の場合は、苦手な人もいるかもしれませんが。

「とろいわし 漁師漬け」は、「イワシの煮つけ」という感じでした。

非常に味が染み込んでいて、美味しかったです。

また、もちろん火が通っているわけではないので、身はプリプリです。

非常にご飯が進むネタで、気に入りました。

-100円2貫
-, ,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.