100円2貫

はま寿司の100円2貫「カリフォルニアロール」は美味しいのか?

はま寿司の100円2貫「カリフォルニアロール」をレビューします。

平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

それでは、実際に食べていきましょう。



食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。



カリフォルニアロール

それでは、いただきます。

美味い!

マヨネーズときゅうりと、とびこの相性が抜群です。

基本的には、この3つの味がして、サラダ巻きのような味がします。

臭みは、一切ないです。

中には、“鶏肉”、“魚すり身”、“アボカド”、“きゅうり”が入っているとの事です。

原産地情報 | メニュー紹介 | はま寿司

“魚すり身”は、いわゆる「かにかま」です。

ちなみに、右下の黄色い物体は、謎です。

もしかしたら、たくあんも、入っていたのかもしれません。

全体として、バランスの取れた一品だと思いました。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みは一切ないです。

マヨネーズやとびこの味で、普通にご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆



総評

カリフォルニアロール:★★★★☆

非常に、典型的なカリフォルニアロールでした。

カリフォルニア・ロールは、カニ風味かまぼこ(もしくは茹でたカニの脚身)、アボカド、マヨネーズ、白ゴマなどを、手巻き、または裏巻き(外側から酢飯、海苔、具の順になるように巻く)にしたものを言う。

本場アメリカではカリフォルニア・ロールに本物のカニが使われることはほとんどなく、またマヨネーズが使用されることも極めて稀である。またアメリカでは、アボカドとともにキュウリが巻いてある場合も多い。ゴマは外側からまぶしてある場合が多く、ゴマの代わりにとびこを使う場合もある。

引用元:カリフォルニアロール - Wikipedia

本場アメリカのカリフォルニアロールを、日本のサラダ巻きに寄せた感じの物でした。

全体として、バランスが良く、非常に食べ易かったです。

デザートのお供に

あのバリスタ最新作W[ダブリュー]を、無料レンタルできます。使うのは、定番のゴールドブレンドですが、が違います。いわゆる“クレマ”ですね。高圧のお湯を噴射して、お店のようなコーヒーを飲む事ができます。牛乳を使って、カフェラテなども作れます。配達周期は、2or3か月最低配達回数は、3回です。あとは、いつでも解約できます。

-100円2貫
-, , ,

© 2021 スシメシ Powered by AFFINGER5