はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

100円2貫

オニオン?炙り?カルパッチョ?はま寿司の100円2貫「合鴨」を食べ比べ

更新日:

はま寿司の100円2貫「合鴨」を食べ比べします。

平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

左手前が、「合鴨」です。

右手前が、「炙り合鴨」です。

左奥が、「合鴨オニオン」です。

右奥が、「合鴨カルパッチョ」です。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

合鴨

それでは、いただきます。

美味い!

ブラックペッパーが利いています。

塩分も少し強めで、何もかけないで食べる事ができます。

味は、スモークされた合鴨の風味が凄いです。

臭みは、一切ないです。

食感は、ぷりぷりしていて、食べ応えがあります。

しかし、筋っぽい部分は一切なく、簡単に噛み切れます。

昔は、もっと分厚くて、小さいタイプでしたが、最近リニューアルしたようです。

前も美味しかったですが、今回も美味しいです。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

普通に、ご飯が進みます。

おかずのような感覚です。

ご飯が進む:★★☆

炙り合鴨

良い感じに焦げています。

それでは、いただきます。

美味い!

若干、香ばしい風味があります。

脂が、少し落ちていて、ベーコンに近い感じになっています。

味は、「合鴨」とそれほど変わらないですね。

正直言って、炙る必要はないと思いました。

まずいわけではないですけどね。

美味しさ:★★★☆☆

スシメシ

「合鴨」と同じように、普通にご飯は進みます。

ご飯が進む:★★☆

合鴨オニオン

それでは、いただきます。

美味い!

まろやかで、味がしっかり付いているマヨネーズが、ガツンと来ます。

その後に、オニオンのシャキシャキ感と風味が来ます。

最後に、合鴨の旨みを感じます。

まあ、まずくはないですが、そこまで美味しくはないです。

単純に、オニオンマヨネーズと合鴨は、それぞれ美味しいです。

しかし、これらの相性は、微妙です。

普通の「合鴨」に飽きた時に、こういう食べ方もありだと思います。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

オニオンマヨネーズの味が強く、それでご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆

合鴨カルパッチョ

それでは、いただきます。

美味い!

適度な酸味と、若干の辛味があります。

あと、にんにくの風味も、若干あります。

そこに、オニオンのシャキシャキ感が加わります。

オニオンの上の赤い野菜は、赤ピーマンだと思います。

これ自体の味は、特にしないです。

最後に、合鴨の旨みを感じます。

別にまずくはないですが、めちゃくちゃ美味しいわけではないです。

カルパッチョオニオンと合鴨は、それぞれ美味しいですが、別々に食べた方が良いです。

これも、普通の「合鴨」に飽きた時に、食べるのはありだと思います。

そもそも、「カルパッチョ」とは、このような料理です。

カルパッチョ(Carpaccio)は、生の牛ヒレ肉の薄切りに、チーズもしくはソースなどの調味料をかけた料理の総称である。
引用元:カルパッチョ - Wikipedia

“生の牛ヒレ肉の薄切り”ではないですが、合鴨なら合いそうなものです。

日本においては、生の牛ヒレ肉の代わりに、マグロやカツオ、サケなどの刺身を使用したカルパッチョが和洋折衷料理(西洋料理の日本風アレンジ)の代表例となっており、その創作者はレストラン「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務だといわれている。カルパッチョの発祥国イタリアにおいても、世界的な刺身ブームの影響を受け、生の魚肉を使ったカルパッチョや、野菜やフルーツを使ったものも多くなってきている。
引用元:カルパッチョ - Wikipedia

今回のカルパッチョオニオンは、まさに、この和洋折衷(わようせっちゅう)料理です。

魚の刺身に最適化されたものです。

合鴨との相性が微妙な事も納得です。

お肉で相性が良い物は、「生ハム」です。

オニオン?カルパッチョ?はま寿司の100円2貫「生ハム」を食べ比べ

おそらく、お肉なのに、食感が刺身っぽいので、相性が良いのだと思います。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

カルパッチョオニオンが、サラダのようで、ご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆

総評

合鴨:★★★★☆

炙り合鴨:★★★☆☆

合鴨オニオン:★★★★☆

合鴨カルパッチョ:★★★★☆

基本的に、「合鴨」の一択です。

合鴨の旨みが凝縮されていて、食感もぷりぷりしていて美味しいです。

ブラックペッパーが利いているのも良いです。

塩分は、若干強めですが、これくらいがちょうど良いです。

「炙り合鴨」は、ベーコンのような感じで、微妙です。

これを注文したくなる時は、あまり想像できません。

「合鴨オニオン」「合鴨カルパッチョ」は、合鴨と上に乗っている部分が、そこまで相性が良くないので、「合鴨」に飽きた時にお薦めです。

別にまずくはないので、食べ比べしてみても良いと思います。

-100円2貫
-, , ,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.