はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

150円2貫

はま寿司の150円2貫「蝦夷あわび」は本当に美味しいのか?

更新日:

はま寿司の150円2貫「蝦夷あわび」を買ってきました。

“蝦夷”は、「えぞ」と読みます。

北海道の古称との事です。

はま寿司は基本的に、100円2貫です。

また、平日だと、90円(税抜き)です。

なのに、「蝦夷あわび」は、150円2貫です。

メニュー紹介 | はま寿司

これが、本当にそれだけの価値があるのか、レビューしたいと思います。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

蝦夷あわび

それでは、いただきます。

まあ、普通です。

周りの輪郭の部分は、コリコリしています。

中の部分は、意外と柔らかいです。

あわびの下に、大葉が入っています。

味としては、それほど分からないです。。。

酢飯の味と、大葉の味しかしません。。。

わずかに、貝の旨みはありますが、ほとんど分からないです。

臭みは、一切ないです。

どちらかと言うと、食感を楽しむべきネタかもしれません。

美味しさ:★★★☆☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みは一切ないです。

あわびの味は、ほとんどしないので、それほどご飯は進みません。

酢飯や大葉の味で、少しは食べれますが。

ご飯が進む:★☆☆

総評

蝦夷あわび:★★★☆☆

コリコリした部分と柔らかい部分があって、食感は良かったです。

しかし、味は、ほとんど分からなかったです。

まずいわけではないですが、満足度は低かったです。

正直、150円を出して頼むべきネタには感じませんでした。

これだったら、100円2貫の「ほっき貝」の方が、遥かに美味しいと思います。

つぶ貝?赤にし貝?ほっき貝?はま寿司の100円2貫『貝』シリーズを食べ比べ

「ほっき貝」は、味をしっかり感じる事ができて、万人受けするネタです。

-150円2貫
-,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.