はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

100円2貫

つぶ貝?赤にし貝?ほっき貝?はま寿司の100円2貫『貝』を食べ比べ

更新日:

はま寿司の100円2貫『貝』シリーズを食べ比べします。

平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

左手前が、「ほっき貝」です。

右手前が、「ゆず塩炙りほっき貝」です。

左奥が、「つぶ貝」です。

右奥が、「赤にし貝」です。

注意

現在、「石垣貝」という新メニューが、追加されています。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

ほっき貝

それでは、いただきます。

美味い!

めちゃくちゃ弾力があります。

しかし、ゴムのように噛み切れない感じではないです。

ちゃんと噛み切れて、食感が非常に良いです。

味も、貝の旨みをかなり感じます。

臭みは、一切ないです。

かなり満足度が高い一品です。

「貝が食べたい!」と思った時に、注文すると、非常に満足できると思います。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

ご飯と一緒に食べても、臭みは一切ないです。

ほっき貝のエキスが口の中に広がって、ご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆

ゆず塩炙りほっき貝

それでは、いただきます。

美味い!

ゆずと塩と貝の旨みが、良い感じに混ざっています。

味は、かなり美味しいです。

臭みも、一切ないです。

しかし、食感がいまいちです。。。

「ほっき貝」はゴムの一歩手前の絶妙な食感でしたが、これはゴムに近いです。

噛み切れますけど、モシャモシャする感じが、微妙です。

味は美味しいので、食感は気にしないのであれば、普通にお薦めです。

美味しさ:★★★☆☆

スシメシ

ご飯と一緒に食べても、臭みは一切ないです。

味は美味しいので、普通にご飯は進みます。

ご飯が進む:★★☆

つぶ貝

それでは、いただきます。

美味い!

めちゃくちゃコリコリしています。

この食感、たまらないです。

味に関しては、ほのかな甘みの中に、若干の苦みがあります。

大人好みの味ですね。

ブラックコーヒーやビールの美味しさが分かる大人には、好まれるネタだと思います。

お子さんには難しいと思います。

臭みは、一切ないです。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と一緒に食べても、臭みは一切ないです。

味はそこまで強くないですが、食感が良いので、自然とご飯を口に運んでしまいます。

ご飯が進む:★★☆

赤にし貝

それでは、いただきます。

美味い!

弾力はありますが、歯切れがめちゃくちゃ良いです。

この食感、面白いです。

味は、甘みが凄いです。

見た目で分かると思いますが、良いダシが出そうな貝です。

しじみとか、あさりとか、そっち系です。

甘みと独特の旨みを感じる事ができます。

臭みは、一切ないです。

なかなか面白いネタだと思いました。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と一緒に食べても、臭みは一切ないです。

甘みと旨みが口の中に広がって、ご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆

総評

ほっき貝:★★★★★

ゆず塩炙りほっき貝:★★★☆☆

つぶ貝:★★★★☆

赤にし貝:★★★★☆

「貝が食べたい!」と思った場合は、まず「ほっき貝」が一番お薦めです。

食感も良くて、味は非常に王道です。

万人受けすると思います。

「ゆず塩炙りほっき貝」は、食感がいまいちです。

しかし、味は良いので、味重視の場合は、ぜひ頼んでみてください。

「つぶ貝」は、独特の味がするので、大人向けです。

たまに、食べたくなる一品です。

「赤にし貝」は、甘みと旨みが凄いです。

食感も面白いので、試しに注文してみても、損はしないと思います。

-100円2貫
-, ,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.