はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

100円2貫

山わさび?焼き?炙り?炙りチーズ?はま寿司の100円2貫「大とろサーモン」を食べ比べ

更新日:

はま寿司の100円2貫「大とろサーモン」を食べ比べします。

平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

左手前が、「大とろサーモン」です。

右手前が、「大とろサーモン山わさび」です。

真ん中が、「焼とろサーモン」です。

左奥が、「炙りとろサーモン」です。

右奥が、「炙りとろサーモンチーズ」です。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

大とろサーモン

それでは、いただきます。

美味い!

脂が乗ってますよ。

とろとろです。

身の部分は、ちゃんと締まってます。

メリハリがしっかりしています。

臭みも、ほとんどないです。

「サーモン」よりは、味は薄いですが、個人的には、こちらの方が好きです。

オニオン?アボカド?カルパッチョ?特製漬け?はま寿司の100円2貫「サーモン」を食べ比べ

まあ、これは好みの問題ですね。

サーモンの味を、とにかく味わいたい場合は、「サーモン」の方が良いと思います。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みはほとんどありません。

脂たっぷりで、ご飯が美味しいですよ。

ご飯が進む:★★☆

大とろサーモン山わさび

それでは、いただきます。

美味い!

山わさびが、鼻からツーンと抜ける辛味を持っています。

それほど持続性は高くなく、アクセントという感じです。

そもそも、山わさびとは、このような物です。

ホースラディッシュ(horseradish、学名:Armoracia rusticana)は、アブラナ科の耐寒性の多年草。和名はセイヨウワサビ(西洋山葵)
別名にワサビダイコン、フランス名(raifort)由来のレフォール(レホール)、ウマワサビ、西洋ワサビ、英名の直訳でウマダイコン。商品名で山わさびと呼ばれることもある(水場で作られることが多い本わさびに対して)。
引用元:ホースラディッシュ - Wikipedia

和名は、“山わさび”ではなく、“セイヨウワサビ”との事です。

普通のわさびよりも、風味が良いです。

ネタの味を、ほとんど邪魔しません。

「大とろサーモン」は、脂が多くて、サーモンの味が繊細なので、普通のわさびよりも、山わさびの方が適しています。

わさびを付けて食べるつもりの方は、こちらを注文する事をお薦めします。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

「大とろサーモン」と同じように、ご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆

焼とろサーモン

それでは、いただきます。

美味い!

焼いているので、良い感じに脂が落ちています。

身の部分も含めて、全体的に柔らかくて、食べ易いです。

味に関しても、サーモンの旨みが、「大とろサーモン」よりも出ている気がします。

塩が振ってあって、適度な塩分を感じます。

また、ほのかに、皮の香ばしい風味もあります。

臭みも、ほとんどないです。

全体として、バランスが非常に良いです。

「大とろサーモン」よりも、こちらの方が気に入りました。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

ご飯と一緒に食べても、臭みはほとんどないです。

サーモンの旨みと塩で、ご飯がどんどん進みます。

ご飯が進む:★★★

炙りとろサーモン

それでは、いただきます。

ちょっと、いまいちですね。

別にまずいわけではないのですが、大とろサーモンの良さを出せていないです。

マヨネーズの味が強過ぎて、サーモンの味が、よく分からないです。

口の中が脂まみれになって、中途半端な味がするだけです。

また、焦げたマヨネーズが、若干臭いです。

まあ、最初からお酒のつまみようのネタだと思いますが、そうだとしても、パンチがなくて中途半端です。

リピートする事はなさそうなネタです。

美味しさ:★★★☆☆

スシメシ

焦げたマヨネーズの臭みは、魚の臭みとは違うので、ご飯は進みます。

ご飯が進む:★★☆

炙りとろサーモンチーズ

それでは、いただきます。

美味い!

チーズが濃厚です。

マヨネーズとチーズが炙られて、独特の臭みがあります。

そこに、サーモンの旨みが加わる感じです。

これは、完全にお酒のつまみですね。

メインは、チーズだと思ってください。

マヨネーズとサーモンは、おまけです。

それでも、不思議と、全体のバランスが良いんですよ。

お子さんには、ちょっと難しいネタだと思います。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

濃厚なチーズが口の中で広がって、ご飯が進みます。

お酒を飲まない場合でも、スシメシのために注文するのも、ありだと思います。

ご飯が進む:★★★

総評

大とろサーモン:★★★★☆

大とろサーモン山わさび:★★★★☆

焼とろサーモン:★★★★★

炙りとろサーモン:★★★☆☆

炙りとろサーモンチーズ:★★★★☆

「大とろサーモン」は、脂がたっぷりで、口の中でとろける一品でした。

身の部分は、ちゃんと締まっていて、メリハリがありました。

サーモンの味自体は、「サーモン」の方が濃いです。

オニオン?アボカド?カルパッチョ?特製漬け?はま寿司の100円2貫「サーモン」を食べ比べ

この辺は、好みの問題です。

味が繊細なので、わさびを付けて食べるのであれば、「大とろサーモン山わさび」をお薦めします。

「大とろサーモン」の味を残しながら、山わさびの辛味が鼻から抜けます。

「焼とろサーモン」は、焼く事で脂を適度に落とし、サーモンの旨みも上がっているので、非常にお薦めです。

「炙りとろサーモン」と「炙りとろサーモンチーズ」は、お酒のつまみ用のネタだと思ってください。

「炙りとろサーモン」は、味が中途半端で、あまりお薦めできません。

「炙りとろサーモンチーズ」は、チーズがメインのおつまみとして、非常に優秀です。

濃厚なチーズの酸味や臭みが出ていて、そこに炙られたサーモンの味が加わって、かなり美味しいです。

-100円2貫
-, , ,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.