はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

ネスレ「ネスカフェ バリスタi[アイ]」を無料でレンタルする方法

これが、ネスレが販売している「ネスカフェ バリスタi[アイ]」という家庭用のコーヒーマシンです。

大きさは、非常にコンパクトで、高さは、このようにティッシュペーパーの箱の1.3倍くらいです。

奥行に関しても、同じように1.3倍くらいです。

また、誰もが知っている、あの粒状のコーヒーの豆を使用します。

作れるコーヒーの種類

このコーヒーマシンでは、下記の6種類のコーヒーを作る事ができます。

・エスプレッソ
・ブラック
・ブラック(マグサイズ)
・カプチーノ
・カフェラテ
・アイスコーヒー

しかし、実際に使ってみると、機能としては、下記の2種類しか利用しません

・ブラック
・カフェラテ

エスプレッソは、コーヒーが濃いのですが、それはブラックでも調整できます。

調整の仕方は、この後、紹介します。

ブラック(マグサイズ)は、ブラックの量がめちゃくちゃ多いだけです。

しかも、そんなに多くの量は飲みません。

カプチーノは、泡立ちがカフェラテに比べて非常に少ないです。

どうせだったら、たくさん泡立てたいので、カフェラテの方を利用します。

アイスコーヒーは、自分で氷を用意する必要があります。

それだったら、コンビニでアイスコーヒーを買います。

それでは、ブラックとカフェラテの作り方を、画像付きで、紹介していきます。

ブラック

これが完成品です。

上の方に泡が少しあるのが、このコーヒーマシンの特徴です。

これで、一杯あたり約14円との事です。

味に関しては、まあ普通に作ったのと、それほど変わりません。

泡はやっぱり美味しいですけどね。

このマシンの特徴としては、使用するコーヒー豆の量、コーヒーの濃さを調整できるところです。

このように、スマホアプリで調整できます。

コーヒーの量を調整すると、使用するコーヒー豆の量が変わります。

水の量を調整すると、コーヒーの濃さが変わります。

ちなみに、先ほどの完成品は、この画像の設定で作った物です。

例えば、急いでいる朝に、少量のエスプレッソを飲んで目を覚ましたい時には、こんな設定にすれば良いです。

ブラック機能でエスプレッソを作る

エスプレッソ機能の設定でも、これ以上濃くする事はできません。

また、水の量を、40ml未満にする事もできません。

なので、エスプレッソ機能は使いません。

実際に、この設定で作ったコーヒーがこちらです。

味は、やはり濃いですね。

泡の割合も多いので、美味しいです。

朝にはピッタリです。

しかし、私が圧倒的に使うのは、次のカフェラテです。

カフェラテ

これが完成品です。

この泡立ち、やばくないですか?

上からの写真がこちらです。

ちゃんとしたお店に行かないと、こんな泡が立っているカフェラテは、なかなか飲めませんよ。

実際に飲んでも、めちゃくちゃ美味いです。

この牛乳の泡の下から、温かいコーヒーが口の中に入ってきます。

本当に、幸せの瞬間です。

これは、一口飲んだ後の画像です。

どうですか?

泡が全然崩れないんですよ。

ちなみに、これ、最後まで泡が崩れません。

最後まで、変わらず美味しいです。

半端ないです。

この設定は、このようにしました。

泡立ちをマックスにして、コーヒーをエスプレッソにしています。

これが、本当にお薦めの設定なので、ぜひ試してみてください。

もう、ホットコーヒーとか、カフェラテとかを、コンビニで買う事はなくなると思いますよ。

ちなみに、完成するまでの過程を写真で取ったので、それもお見せします。

カフェラテができるまで

まず、牛乳を、自分の好みで適当に入れておきます。

あまり入れ過ぎると、飛び散るので、大体これくらいが限度です。

お湯をジェット噴射する事によって、牛乳の泡を作っています。

これだけでも、家庭で出来る事にビビります。

泡作りが完了しました。

これから、コーヒーが入ります。

コーヒーが、入り始めました。

上の方に、コーヒーの層ができてきます。

そのコーヒーの層が厚くなって、下の方が、下がってきます。

そして、牛乳と混じって、にじんで来ます。

これが、コーヒーが入り終わった瞬間です。

まだ、下の方では、牛乳とコーヒーが完全に混ざっていません。

めちゃくちゃ美味しそうですよね。

そして、先ほどのカフェラテが完成しました。

時間としては、約40秒くらいです。

スマホをタッチするだけで、後は待つだけなので、非常に簡単です。

「ネスカフェ バリスタi[アイ]」の入手方法

このコーヒーマシンは、普通に、Amazonや家電量販店で購入する事ができます。

値段は、約8,000円です。

しかし、実は、無料で利用できるネスレの公式サービスがあります。

それが、このサービスです。



バリスタi [アイ]

「定期お届け便」というサービスです。

何を定期的に届けてもらうのかと言いますと、このマシンで利用する粒状のコーヒー豆です。

このマシンを利用するなら、絶対に必要な物なので、このサービスを利用して、このマシンを無料で利用した方が明らかにお得です。

私も、そういう理由で、このサービスを利用しています。

利用条件など

●3回以上の継続お届けが必須
●4回目以降は解約自由
※解約金なし
●お届けの周期は、「2か月毎」か「3か月毎」のどちらか
※「3か月毎」を選択した場合、1回のお届けにつき、1,050円以上(税込/送料除く)の購入が必須
●1回のお届けにつき、1本以上の「エコ&システムパック」の購入が必須
●送料は、1回のお届けにつき、450円(税込)
※そのお届けの商品合計4,000円(税込/送料除く)以上で送料無料

「エコ&システムパック」とは、先ほど言った、このマシンで利用する粒状のコーヒー豆の事です。

ただし、普通の瓶に入った物は使えず、この詰め替え用のパックしか使えません。

あと、このサービスは、無料で貰えるのではなく、レンタルするだけなので、そこは注意してください。

しかし、逆に、レンタルなので、故障や破損時に対応してもらい易いと思います。

私のお薦めの注文方法

まず、お届けの周期は、「3か月毎」にするべきです。

なぜなら、送料の450円(税込)が、できるだけかからないようにするためです。

また、“1回のお届けにつき、1,050円以上(税込/送料除く)”は、必然的にクリアできます。

なぜなら、コーヒー豆を毎日2gしか使用しないとしても、3か月(約90日間)で、180gも使用します。

一番オーソドックスなゴールドブレンドを使用するとして、「エコ&システムパック」は、65gと120gの2種類があります。

65gは、516円(税込)です。

120gは、858円(税込)です。

これらを一つずつ注文すると、合計185gとなり、値段は、合計1,374円(税込)になります。

すると、1,050円以上(税込/送料除く)という条件を自然にクリアします。

なので、仮に一人暮らしの人だとしても、お届けの周期は、「3か月毎」にするべきです。

ちなみに、私は一人暮らしで、今説明した通りの注文をしています。

つまり、「3か月毎」を選んで、ゴールドブレンドの「エコ&システムパック」の65gと120gを一つずつ、注文しています。

まとめ



バリスタi [アイ]

家庭で、あんなに本格的なカフェラテを飲む事ができるのは、非常に贅沢な事です。

しかも、無料でレンタルさせてもらえるのは、ありがたいです。

皆さんにもぜひ、あのカフェラテを味わっていただきたいです。

おすすめ記事

1

はま寿司の100円2貫「まぐろ」を食べ比べします。 平日では、90円(税抜き)です。 メニュー紹介 | はま寿司 左手前が、「まぐろ」です。 右手前が、「まぐろはらみ」です。 奥が、「特製漬けまぐろ」 ...

2

はま寿司の100円2貫「生ハム」を食べ比べします。 平日では、90円(税抜き)です。 メニュー紹介 | はま寿司 手前が、「生ハム」です。 左奥が、「生ハムオニオン」です。 右奥が、「生ハムカルパッチ ...

3

はま寿司の100円2貫『天ぷら』シリーズを食べ比べします。 平日では、90円(税抜き)です。 メニュー紹介 | はま寿司 左手前が、「いか天」です。 右手前が、「いか天ガーリックマヨ」です。 奥が、「 ...

4

はま寿司の100円2貫「えび」を食べ比べします。 平日では、90円(税抜き)です。 メニュー紹介 | はま寿司 真ん中が、「えび」です。 左手前が、「炙りえびマヨ」です。 右手前が、「炙りえびチーズ」 ...

5

はま寿司の100円2貫「サーモン」を食べ比べします。 平日では、90円(税抜き)です。 メニュー紹介 | はま寿司 左手前が、「サーモン」です。 右手前が、「特製漬けサーモン」です。 真ん中が、「サー ...

投稿日:

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.