はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

1貫皿

はま寿司の100円1貫「活〆とろはまち」は「活〆はまち」より美味しいのか?

更新日:

はま寿司の100円1貫「活〆とろはまち」100円2貫「活〆はまち」を食べ比べします。

どちらも、平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

左側が、「活〆はまち」です。

右側が、「活〆とろはまち」です。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

活〆はまち

それでは、いただきます。

美味い!

めちゃくちゃ身が締まっています。

プリプリです。

味も、はっきりと感じる事ができ、独特の酸味が適度にあります。

臭みは、一切ないです。

はま寿司の中でも、トップレベルに美味しいネタです。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

ご飯と食べても、臭みは一切ないです。

新鮮なはまちなので、ご飯が進みます。

ご飯が進む:★★☆

活〆とろはまち

それでは、いただきます。

美味い!

肉厚で、一枚が大きいです。

脂が「活〆はまち」よりも、若干多いです。

なので、身は締まってプリプリしていますが、「活〆はまち」よりも、とろける感じがあります。

味に関しては、独特の酸味が少なめで、かなり上品な味です。

明らかに、こちらの方が高級な感じはしますが、少し物足りない気もします。

個人的には、「活〆はまち」の方が好みでした。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みは一切ないです。

「活〆はまち」よりも、若干味は薄くなりますが、普通にご飯は進みます。

ご飯が進む:★★☆

総評

活〆はまち:★★★★★

活〆とろはまち:★★★★☆

「活〆とろはまち」の方が、明らかに高級な感じがしました。

しかし、あの独特の酸味や、プリプリ感は、若干少なくなり、少し物足りない感じがしました。

その分、脂が増えているので、当然と言えば当然です。

個人的には、「活〆はまち」の方が美味しいと思いました。

脂が好きな人だと、「活〆とろはまち」の方が好きかもしれません。

しかし、いずれの場合でも、コスパで考えると、明らかに「活〆はまち」の方が優秀だと思います。

そこまで大きく変わるわけではないのに、1貫当たりの値段は、約1/2ですからね。

あと、100円2貫のはまちで言うと、「ゆず塩炙り活〆はまち」も、めちゃくちゃ美味しいですよ。

ゆず塩炙り?はま寿司の100円2貫「活〆はまち」を食べ比べ

-1貫皿
-

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.