はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

150円2貫

はま寿司の150円2貫「炙りとろいわし おろし盛り」は「炙りとろいわし」より美味しいのか?

更新日:

はま寿司の150円2貫「炙りとろいわし おろし盛り」100円2貫「炙りとろいわし」を食べ比べします。

100円2貫「炙りとろいわし」は、平日では、90円(税抜き)です。

メニュー紹介 | はま寿司

左側が、「炙りとろいわし」です。

右側が、「炙りとろいわし おろし盛り」です。

注意

現在、「炙りとろいわし おろし盛り」は、持ち帰り不可です。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

炙りとろいわし

それでは、いただきます。

美味い!

身が締まっていて、結構プリプリです。

塩も少し振ってあって、「いわしの塩焼き」の風味がします。

若干の小骨感がありますが、喉に刺さるような感じではないです。

臭みも、ほとんどないです。

満足度の高いネタだと思います。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みはほとんどないです。

「いわしの塩焼き」風味なので、普通にご飯は進みます。

ご飯が進む:★★☆

炙りとろいわし おろし盛り

それでは、いただきます。

美味い!

まさに、「いわしの塩焼き」に「大根おろし」です。

めちゃくちゃ相性が良いです。

もちろん、いわしは生に近いので、プリプリしています。

なので、ちゃんとお寿司を食べている感はあります。

これは、150円を出す価値があります。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

「いわしの塩焼き」に「大根おろし」なので、普通にご飯は進みます。

ただし、持ち帰ると、おろしの水分で、シャリがぐちゃぐちゃになります。

持ち帰る時は、これだけ別容器にしてもらうようにしてください。

ご飯が進む:★★☆

総評

炙りとろいわし:★★★★☆

炙りとろいわし おろし盛り:★★★★★

お金に余力がある場合は、「炙りとろいわし おろし盛り」の一択だと思います。

おろしがある方が、よりクオリティの高い「いわしの塩焼き」になります。

150円を出す価値があります。

「炙りとろいわし」でも、十分美味しいので、節約中の方などは、これでも良いと思います。

とろいわしで言うと、「とろいわし 漁師漬け」も、非常に美味しいのでお薦めです。

漁師漬け?炙り?はま寿司の100円2貫「とろいわし」を食べ比べ

-150円2貫
-, ,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.