はま寿司の持ち帰りレビューサイト

スシメシ

100円2貫

【はま寿司の期間限定】2019年8月22日から!100円2貫を食べ比べレビュー

更新日:

はま寿司では、現在、「先取り!秋旬祭り」という期間限定フェアが開催されています。

注意

現在は、「うにつつみと冬旬到来まつり」という期間限定フェアが開催されています。

うにつつみと冬旬到来まつり 11/14(木)~(紹介動画あり) | はまナビ - はま寿司WEB予約サイト

公式YouTube紹介動画

期間は、2019年11月14日~11月27日です。

「北海道・三陸産さんま」
「北海道・三陸産炙りさんま」

これらのメニューは、引き続き販売されています。

開催期間が、いつからいつまでかと言いますと、2019年8月22日~9月11日です。

この記事では、その100円2貫のメニューについて、食べ比べレビューしていきます。

「期間限定」の記事一覧

左手前が、「北海道・三陸産さんま」です。

右手前が、「北海道・三陸産炙りさんま」です。

真ん中が、「北海道産秋鮭」です。

左奥が、「福井県産漬けほたるいか」です。

右奥が、「土佐甘とうの天ぷら握り」です。

それでは、実際に食べていきましょう。

食べる

私は、お寿司を食べる時は、白いご飯を用意します。

お寿司は、味が濃いので、それだけでお腹を満たそうとすると大変です。

ご飯と一緒に食べる事で、摂取する塩分などを抑えながら、お腹を満たす事ができます。

この食べ方を「スシメシ」と呼び、これを多くの人に届けたいです。

はま寿司は、軽減税率により、消費税が、店内では10%ですが、持ち帰りだと8%になります。

北海道・三陸産さんま

それでは、いただきます。

美味い!

身が締まっていてプリプリです。

さんまの味とショウガの相性が、めちゃくちゃ良いです。

脂も、結構乗っていて、途中からとろけます。

臭みは、ほとんどなく、新鮮です。

若干、ぬめっとした感じはありますが、それほど気になりません。

比較的、食べ易い光り物だと思います。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みはほとんどないです。

普通に、お刺身をおかずにしている感じです。

ご飯が進む:★★☆

北海道・三陸産炙りさんま

それでは、いただきます。

まあまあです。

表面が炙られていて、良い感じに、脂が落ちています。

しかし、下側は生なので、ぬめっとした感じがあります。

このコントラストは、ちょっと微妙です。

臭みは、ほとんどないです。

塩は、かかっているとは思いますが、比較的少ないです。

さんまの塩焼きほどの風味もなく、割と中途半端な感じです。

レモンとの相性も、それほど良くないです。

まずくはないですが、「北海道・三陸産さんま」の方が明らかに美味しいです。

美味しさ:★★★☆☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みはほとんどないです。

まずくはないので、普通にご飯は進みます。

ご飯が進む:★★☆

北海道産秋鮭

それでは、いただきます。

美味い!

生の鮭なんて、初めて食べましたが、めちゃくちゃ美味しいです。

そこまで味は濃くないですが、上品な味わいです。

脂の乗り方も抜群で、口当たりも良いです。

臭みは、一切ないです。

かなり上品なサーモンという感じです。

サーモン特有の風味が苦手な方でも、これなら美味しく食べられると思います。

もちろん、サーモン好きにもお薦めです。

ちなみに、秋鮭、紅鮭、サーモンの違いなどが気になった方には、下記の記事がお薦めです。

秋鮭っていつもの鮭と何が違うの? (2017年9月13日) - エキサイトニュース

一般的には、秋鮭は脂が少ないと言われていますが、刺身で食べる分には、十分な脂の量です。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

ご飯と食べても、臭みは一切ないです。

鮭の味で、ご飯が進まないわけがないです。

ご飯が進む:★★☆

福井県産漬けほたるいか

それでは、いただきます。

美味い!

かなり味は濃いです。

しかし、それがまた良い。

味としては、基本的に醤油で、みりんや酒の風味もします。

臭みは、一切ないです。

いわゆる「沖漬け」だと思われます。

醤油ベースのタレに漬けるイカの沖漬けは北海道の郷土料理で、富山県ではホタルイカの沖漬けが有名。シンプルですが、イカのおいしさを堪能できる、たまらない調理法なんです。
引用元:イカ好き必見!「沖漬け」の基本的な作り方とアレンジレシピ7選 - macaroni

食感も、ホタルイカを丸ごとなので、最高です。

また、大葉のアクセントも、たまらないです。

お酒を飲む方には、特にお薦めです。

美味しさ:★★★★☆

スシメシ

ご飯と食べても、臭みはほとんどないです。

味が濃いので、めちゃくちゃご飯が進みます。

ご飯が進む:★★★

土佐甘とうの天ぷら握り

めちゃくちゃでかいです。

それでは、いただきます。

これ、やばい!

初めて食べましたが、美味しい!

見た目通り、確かに、苦み、辛味はあります。

しかし、それがめちゃくちゃ僅かです。

お子さんでも、食べれると思います。

そして、その代わりに、甘さと旨みを感じます。

味は、それほど濃くはないのですが、これらのバランスが絶妙です。

かなり気に入ってしまいました。

ちなみに、「土佐甘とう」とは、このような野菜です。

ツヤツヤに輝く土佐甘とうジャンボししとうとも呼ばれる「土佐甘とう」は、万願寺唐辛子を先祖に持ち、ピーマン掛け合わせた甘長唐辛子の一種。辛味や苦みが少なく、肉厚でジューシーな果肉で、和食や中華料理などによく合います。
引用元:つややかに輝く「土佐甘とう」の産地 JA高知春野 | 株式会社まつの

なるほど。

唐辛子とピーマンの掛け合わせなんですね。

これを考えた人は天才だと思います。

美味しさ:★★★★★

スシメシ

味は濃くないですが、大きいので、ご飯がたくさん消費されます。

普通に、天ぷらをおかずに、ご飯を食べている感じです。

ご飯が進む:★★★

総評

北海道・三陸産さんま:★★★★☆

北海道・三陸産炙りさんま:★★★☆☆

北海道産秋鮭:★★★★★

福井県産漬けほたるいか:★★★★☆

土佐甘とうの天ぷら握り:★★★★★

「北海道・三陸産さんま」は、ショウガとの相性が抜群で、美味しかったです。

脂も多くて、口の中でとろける感じがありました。

他の光り物よりも、臭みや小骨感が少なく、食べ易かったです。

漁師漬け?はま寿司の100円2貫「あじ」を食べ比べ

漁師漬け?炙り?はま寿司の100円2貫「とろいわし」を食べ比べ

「北海道・三陸産炙りさんま」は、食感がいまいちで、炙る必要を感じませんでした。

これなら、「北海道・三陸産さんま」をお薦めします。

「北海道産秋鮭」は、上品なサーモンという感じで、絶品でした。

オニオン?アボカド?カルパッチョ?特製漬け?はま寿司の100円2貫「サーモン」を食べ比べ

山わさび?焼き?炙り?炙りチーズ?はま寿司の100円2貫「大とろサーモン」を食べ比べ

「福井県産漬けほたるいか」は、味が濃くて、お酒のつまみにピッタリな一品でした。

真いか?やりいか?はま寿司の100円2貫『いか』を食べ比べ

「土佐甘とうの天ぷら握り」は、苦みと辛味が適度で、甘みや旨みとのバランスが絶妙でした。

個人的に、非常に気に入りました。

-100円2貫
-, , , , , , ,

Copyright© スシメシ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.